WordPressが正しく動作しない場合のWAFの設定方法|ロリポップ編

WordPressがWAFにブロックされて正しく動作しない場合が有ります。
WAFを無効にするのではなく、除外ルールを設定することで、正しく動作させることができます。

WAFの除外ルール設定手順

  1. プラグイン「SiteGuard WP Plugin」を使用しますので、インストールしていない場合は、インストールして有効化する。
  2. WordPressの管理画面のメニューから、「SiteGuard」→「WAFチューニングサポート」を開き、「ON」をクリックし、「ルールを適用」をクリックする。WAFチューニングサポートが有効になる。
  3. WordPressで、正しく動作しない機能を、1度おこなう。
  4. ロリポップのユーザー専用ページ」のWAF設定でログを参照し、「URL」と「検出されたシグネチャ」を確認する。
  5. WordPress管理画面の「SiteGuard」→「WAFチューニングサポート」を開き、「新しいルールを追加」をクリックする。
  6. 先程ユーザー専用ページで確認した、「検出されたシグネチャ」の内容を「シグネチャ」に、「URL」を「URL」に入力し、「保存」をクリックする。
  7. 手順3でおこなった正しく動作しない機能が、正しく動作するようになったかを確認する。
    • 【正しく動作するようになった】
      正しく動作しているように見える場合でも、念のため、ロリポップのユーザー専用画面のWAF設定でログを確認し、新たなエラーが記録されていないか確認する。
    • 【正しく動作しない場合】
      別のエラーが発生しているので、手順4から繰り返す。URLが同じで、別のシグネチャが記録されている場合、手順5で新しいルールを作成せずに、先程作成したルールのシグネチャ欄に改行して追記することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA